恵みの内に生かされて 
   便利屋ブログ
TOP ブログトップ 問合せ・連絡
     2016-2017年

関西訪問 2016年10月

伯母を訪ねて・・・10月24・25日
 10月24日から2泊3日で関西を訪ねた。大学時代にお世話になった伯母とその家族に久しぶりに会うためである。亡くなった伯父が母の従兄になる。正確には伯母と言うより、もっと遠い親戚である。次女に甲子園口から住まいの三木市吉川まで送って貰った。5年程前に訪ねた時は元気で、孫と海外旅行に行った話を聞いたが、さすがに元気一杯ではなかった。以前会った時より、少し小さくなられた感じで、「指が思うように動かなくて、細かい事ができなくなったのよ。」と話されたのが、印象的であった。大学時代は名古屋にいたが、休みになると良く大阪に来て、伯父に車で釣りに連れて行って貰ったものである。鋼管の販売をしていたので、仕入れに出かけた先で、海釣りに及ぶのである。南紀白浜、小浜、四日市、岡山、明石等に付いて行った記憶がある。その時代には住まいが東大阪市の片町線(学研都市線)沿いにあった。今は三女がその近くに住んでいる。
 一泊して明くる日、伯母に別れを告げて、長女の車で三女宅に連れて行って貰った。仕事で忙しく伯母の家に来れないので、訪ねて行ったのである。途中、寝屋川沿いのごちゃごちゃした道は昔の雰囲気が残っており、懐かしく感じられた。三女は訪問介護の仕事をしており、世の中高齢化していることもありニーズが高く人手不足のようだ。放出駅まで送って貰ったが、これから利用者宅を訪問するとのこと。道が狭く駐車が難しいので自転車が便利だという。京橋で京阪電車に乗り換えて京都へ向った。
 25日の夜は四条河原町のスーパーホテルに泊まることになっていたので、京阪三条で降りた。教えて貰った「かねよ」という鰻屋で夕食をとることにしていたが、見つからない。仕方なくデパートのレストランで食べることになった。更にホテルも中々見つからないので電話して聞くはめになった。スパーホテルは良く利用させて貰っているが、初めての所はいつも探すのに苦労している。交通の中心地にはあるのだが、ちょっと奥まった目立たない所にあるのが常である。






 プロフィール
便利屋を営むクリスチャンです。
日頃の体験から感じた事を勝手に記してみました。初めの内は便利屋の仕事を書こうと思っていましたが、今では生活で興味ある事、自分の記憶に残したい事も書くようになりました。気楽に読んで下さい。

 
 タイトル

関西訪問

伯母を訪ねて・・・10月24・25日 

哲学の道・・・10月26日
哲学の道・・・10月26日
 
朝食をホテルで採って、半日かけて「哲学の道」を歩くつもりであったが、体力にあまり自信がなかった。南の南禅寺から北の銀閣寺まで、地図を見て経路を頭に入れてから、8時頃ホテルを出発した。四条の橋を渡る前に鴨川に降りてみた。人通りは少なく静かである。北側に見える風景は写真でよく見る風景。祇園四条から電車に乗って三条で地下鉄に乗り換えて蹴上で降りた。南禅寺に行きたいのだが、案内がどこにもない。どうも良く使われるルートではなさそうだ。道行く人に教えて貰って入り口にたどり着いた。疏水に沿って歩く予定であるという修学旅行生の5人グループに写真を撮って欲しいと頼まれて、快く応じる。中に入ると境内は広く、どこが本堂なのか。良く判らないまま一回りした。疏水の水道橋を潜って、庭園に入ってみた。人は居なくて静まりかえっていて、良く手入れされていた。

  
         法堂                           水道橋

  
         南禅院                         南禅院庭園

 地下鉄の駅に、京都市美術館における若沖展の掲示があったので、ここから近いこともあり寄り道をすることにした。美術館には裏からが近いのだが、工事中で大回りして、結局表から入ることになった。若沖は生誕300年ということで、今注目されているので、来館者が多かった。色彩の鮮やかな良い絵を見させて貰ったのだが、朝から立ちっぱなしなので、さすがに疲れて道端の石の上に座り込んでしまった。30分ほど休んでから立ち上がると、そこに平安神宮があったが、入ることなく横目にしながら、ひたすら東の山の方に向って歩いた。疏水に沿ってあるはずの「哲学の道」に戻るためである。しばらく歩いてようやく道標のある疏水沿いの道「哲学の道」にたどり着いた。疏水の流れを見て、自分の間違った思い込みから、頭の中を訂正するのに時間を要した。疏水が南から北に流れているのである。北の方には山があるではないか。水源の琵琶湖は北の方にあるではないか。疏水の流れがどうしてそうなっているかは、後日理解できた次第。平日ということもあり、歩いている人は少なかったが、殆どが外国人であった。西田幾多郎もびっくりするのでは。途中に永観堂、光雲寺、安楽寺、法然院などがあるが、時間と体力を使ってしまったので、寄ることなく、銀閣寺のみ立ち寄ることにした。

  
        京都市美術館                      哲学の道 


        

 アーカイブズ

2015年

永眠者記念礼拝・・・11月1日

 熊本へ・・・11月3日

 宮崎へ・・・11月4日

 先祖の記録・・・11月
 (馬籠家略系)

 A兄弟の告別式・・・12月22日




2014年

義父の葬儀
・・・10月

ヨーロッパ旅行記

出発・・・6月17日(1日目)

ライン河・・・6月18日(2日目)

ローテンブルク・・・6月19日(3日目)

ノイシュバンシュタイン城・・・・6月20日(4日目)

ユングフラウ・・・6月21日(5日目)


パリ・・・6月22日(6日目)

モン・サン・ミッシェル・・・6月23日(7日目)

パリ・・・6月24日(8日目)
 銀閣寺は正式には慈照寺といい、世界文化遺産に登録されているので有名だ。なので修学旅行生や外国人観光客でごったがえしていた。南禅寺とは広さも大違いで、歩くのに苦労した。一回りして早々に出てきた。「哲学の道」を歩ききった達成感に満足しながら、京都大学の方に出た。かつて受験して入れなかった正門の前を通りバスに乗り込んだ。京都駅に出て新幹線に乗ったのは午後の2時半頃であった。

  
         哲学の道                        観音殿

  
         向月台                          銀沙灘

  
       銀閣寺からの遠望                    京都大学
2009年

高知訪問・・・10月

熊本訪問・・・6月

軽井沢・・・1月

 2008年

国際医療センター・・・12月

 2007年

将棋対局・・・10月

2006年

太陽光発電の実際・・・8月

太陽光発電に挑戦・・・2月

トイレの詰り・・・1月

2005年

混合栓の交換・・・12月

立木の枝落とし・・・10月

母の入院・・・8月

猫の世話・・・3月

引越の後片付・・・2月

作業場作り・・・1月

2003年

ニュージーランド旅行記

出発・・・第1日

クライストチャーチ・・・第2日

テカポ湖・・・第3日

マウントクック・・・第4日

ミルフォードサウンズ・・・第5日

オークランド・・・第6日

ワイトモ鍾乳洞・・・第7日

帰国・・・第8日

2002年

2連梯子・・・6月